画像: 専業主婦から就業する方法

結婚や出産を機に仕事を辞めたけれど、子どもの成長に伴い、あらたな出費が増えたり、自由になる時間もできてきたりで「そろそろ働こうかな」と考える専業主婦の方も少なくないのでは?
とはいえ、主婦の就業に悩みはつきもの。

・家事や育児と両立できる範囲で働きたい
・保育園のお迎えや、学校の行事のときは、仕事は休みたい
・子どもの病気など、仕事途中でも急きょ帰らなければならないことがある
・離職してからの期間が長く、世の中の流れや技術についていけるか不安

時間的制約に加え、長いブランクも専業主婦の復職の大きなハードルとなっているようです。

高まる主婦の就業ニーズと企業のジレンマ

画像: 高まる主婦の就業ニーズと企業のジレンマ

それでは、雇う側はどうでしょう。人手不足が深刻になりつつある現代社会で、主婦を中心とした女性の労働力に期待が集まっていることは、「女性が輝く日本へ」という政府の成長戦略を見ればわかりますよね。
とはいえ、すぐにでも中途採用で主婦を社員登用する会社が増えているかというと、そうでもありません。積極的に主婦を迎え入れたいものの、正社員として雇うのには、責任も含めて企業側もまた悩める状態でもあります。ニーズはあるけれどいま一歩踏み出せない。
そんな状況を打破するための働き方、雇い方に契約社員というスタイルがあります。

契約社員というはじめの一歩

画像: 契約社員というはじめの一歩

専業主婦から就業するときに、いきなり正社員はハードルが高い…そんなとき、契約社員で、まずは現場復帰をする人が、実はたくさんいるのです。
契約社員は、企業側にも働く側にもメリットのある働き方。具体的に働く側にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

期限付きの就業スタイルで、「相性」を見極められる

就職もいわば相性が大事。社員と契約社員の大きな違いの一つは契約社員には期限があるということ。相性がよければ継続契約もできるし、合わないと思えば、継続しないという選択肢もあります。

自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択できる

契約社員の場合、業務時間は雇用契約ごと。契約時に希望に合った勤務時間で契約できるのも大きなメリットです。職場によってはショートタイムでの契約や、週3~4日という勤務も可能です。

さまざまな業種、職種でキャリアアップが可能

経験を問われない職種も多くあるため、就業してから業界や仕事を学べるのもメリットです。働きながら経験を積み、ライフスタイルに合わせて都度働くスタイルを変えていくこともできます。契約社員として実績が次の転職活動におけるプラス要素にもなるでしょう。

未経験からでも働ける契約社員の職種は?

それでは、未経験でも働ける契約社員の職種には、どんな仕事があるのかを志向と魅力別に見ていきましょう。

コールセンター

誰かをサポートしたり、人のためになるのが好きな人におすすめ。人とのコミュニケーションが苦にならない人であれば、経験がなくても大丈夫。さまざまな業界でニーズがあるので、興味のある業界を選べるのも魅力の一つです。
仕事を通して、美しい言葉遣いやビジネスマナー、相手の言おうとすることをくみ取る力などが身につきます。20代~50代まで、比較的幅広い年齢の人が就業しています。

データ入力

決められた時間内で集中して仕事をしたい人や、空いた時間を有効に活用したい人におすすめ。コツコツした作業が好きな人に向いています。タッチタイピングスキルやパソコンの入力速度、正確性などをあげることができます。比較的時間の融通がききやすいので、30~50歳くらいの家事・育児に忙しい人が活躍しています。

事務

誰かのサポートをしたり、コミュニケーションが得意な人におすすめ。ビジネスマナーはもちろん、エクセルやワード、パワーポイントなど基本的なOAスキルがあれば、それを生かすことができます。もちろん、未経験でも仕事を通して事務処理スキルや実践的なOAスキルを習得できます。

チャット・メールサポート

メールやネットからの質問・問い合わせに回答するチャット・メールサポートは、メールを使ったコミュニケーションができる人であれば、経験は不問。言葉だけでなく、文章でのコミュニケーション能力が身につき、タッチタイピングスキルやパソコンの入力速度、正確性をあげることができます。対面での対応はちょっと苦手…という人にもおすすめです。

いかがでしょうか?ほとんどの職種が経験を問いません。就業期間は会社によって異なるので、まずは短い期間から始めてみるのもひとつの手段です。慣れてくれば、そこからさらにステップアップした仕事が用意されていることも多いため、初めの一歩として踏み出す価値はありそうです。

仕事の継続にはパートナー選びも大切

画像: 仕事の継続にはパートナー選びも大切

時間的な制約部分はクリアになっても、やはり数年ぶりの職場復帰、仕事へのブランクが大きな不安要素になっている人も多いはず。そんな時は、仕事と家庭の両立を支援する各種サポートを上手に活用しましょう。ここではトランスコスモスで行っている就業支援についてご紹介します。

「どんな仕事が自分に合うのか改めて知りたい」
気軽にお仕事探しや相談ができる「おしごとカフェ」で、職業診断やカウンセリングが受けられます。キッズスペースもあるので、子ども連れでも安心。

「ITスキルが心配…ソフトの使い方もわからない…」
基礎的なITスキルの装着はもちろん、新人社員研修からスキルアップのための勉強会など、正社員・契約社員が任意で参加できる研修「TCIビジネススクール」を活用できます。

「仕事ができないと思われないか不安……」
雇う側と働く側の期待値が違うのは、お互いにとってとてもマイナスなこと。そんな状況を防ぐため、トランスコスモスでは、入社前からスタッフへのサポートを積極的に行っています。入社後もフォローや研修制度が充実しているので、働きながらステップアップも可能です。

「最初の話と違う…でも言い出せなかったら?」
あれ?最初の条件と違う、と思っても、入社してしまうと自分からは言いだしづらいもの。そんな時、担当のマネジメントスタッフに、即相談。条件面や職場環境の改善にもつながります。

主婦の就業をバックアップしてくれる会社をパートナーとすることは、社会復帰への近道と言えるでしょう。

まとめ

専業主婦から、再びビジネスの場に戻ろうという人は、それぞれに違う思いを持っているはず。
大切なことは、どんな働き方をしたいかを具体的にイメージし、何を最優先にして、どのようなワークスタイルを希望するのかということです。
できるだけ希望に合ったスタイルを叶える選択肢の一つとして、契約社員というワークスタイルから始めてみるのもありかもしれませんね。

関連リンク

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.