いつもWork it!をご利用くださりありがとうございます。
Work it!ブログ編集部です。
ここ最近暖かくなってきましたね。ゴールデンウイークを控え、お出かけの予定を立てている方も多いかと思います。さて、MCMセンター駒込の隣にはしだれ桜で有名な六義園がありますが、少し足を延ばすと旧古河庭園があります。こちらはバラで有名な庭園で、5月は春バラの見頃時期。華やかな風景には圧倒されるほど。撮影したくなる素敵なスポットがいっぱいです。ぜひ足を運んでみましょう!

昼間は自然光がバラを照らす西洋庭園

画像: 昼間は自然光がバラを照らす西洋庭園

晴れの日は自然光がバラを照らしてくれます。カメラ持参で撮影している人もたくさんいました!
花と緑に囲まれた風景は疲れを癒してくれますね。
4月から環境が変わった方も多いかと思います。新しい職場に入り未経験の仕事で疲れが溜まっている方も、こちらでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

見応え抜群!大輪のバラが咲き乱れる園内

画像: 見応え抜群!大輪のバラが咲き乱れる園内

思わずシャッターを押したくなる美しさ。なお、旧古河庭園は都内でも珍しい、洋風庭園と洋館・日本庭園が敷地内にあるといった造りになっています。
園内は20代のカップルと思われる男女や、30代からそれ以上の各世代の人々で賑わっていました。

イベント期間中は幻想的なライトアップを鑑賞することも

画像1: イベント期間中は幻想的なライトアップを鑑賞することも

バラと洋館のコラボレーションが楽しめるのもこの時期ならでは。
旧古河庭園では春のバラフェスティバルを開催予定で、この時期はライトアップがあるため入園時間が延長されます。入園料は一般150円とリーズナブル。お仕事帰りに寄るのも良さそうですね。

開催日
平成30年5月5日(土・祝)~5月31日(木)9時~17時(最終入園は16時30分)
※5月5日(土)・6日(日)は、9時~18時(最終入園は17時30分)
※ライトアップ期間中の5月11日(金)~20日(日)は、9時~21時(最終入園は20時30分)となります。

今回はこれからの時期に楽しめるバラの庭園、旧古河庭園のレポートをお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

MCMセンター駒込からのアクセス

画像2: イベント期間中は幻想的なライトアップを鑑賞することも
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.