いつもWork it!をご利用くださりありがとうございます。
Work it!ブログ編集部です。

コールセンターの仕事に興味があるけど、具体的にどんなことをするのかよくわからないなんていうことはありませんか?
実はコールセンターには未経験の方でも活躍できる場がたくさんあるんです!

そこで今回、コールセンターで初めて働く際に押さえておきたいポイントについてまとめました。

1、オープニングの第一声は明るく

お客様からお電話が入り、応対がスタートします。この第一声の名乗りの部分はとても大切で、お客様へ与える第一印象になる部分です。コールセンターではトークスクリプトと言って、お客様対応のための台本のようなマニュアルがあります。たとえば、第一声が「お電話ありがとうございます。担当〇〇でございます」だとすると、お電話の「で」にアクセントをつけると明るい声に聞こえます。第2音を上げるということですね。同様に、ありがとうございますの「り」にもアクセントをつけるようにしましょう。

2、謝辞を心掛ける

お客様から「いつも買ってるんですけど」「そちらの製品を利用しているんですが」などのお申し出があった場合、すぐに「ありがとうございます」と言えるようにしましょう。普段お使いいただいていることへのお礼の気持ちを表すことで、お客様も安心してその後のお話ができるようになります。

3、あいづちのバリエーションを増やす

「はい」「さようでございます」などがコールセンターで一般的に使用されるあいづちです。また、お客様がお困りのご様子の場合は「それはお辛いですよね」など寄り添いの言葉も使えるようにできるとベストです。適切なタイミングであいづちを打つことで、お客様が話しやすい雰囲気を作ることができます。

4、クロージングは最後まで気を抜かずに

お客様との会話が終了する際、担当者名を名乗り、お電話いただいたことへのお礼を申し上げる流れが一般的です。たとえば、「本日は担当〇〇が承りました。お電話ありがとうございました」だとします。この時、オープニングと同様にお電話の「で」ありがとうございましたの「り」を上げて発声しましょう。最後だからといって気を抜かずに、心を込めて言えるようにすることが重要です。

コールセンターでのお仕事は未経験の方でも挑戦しやすいのも特徴のひとつです。お客様の話を遮らずに最後まで聴く、適切なタイミングで的確な回答、または質問をするなどは日常生活においても必要なことですよね。
求人案件も多岐に渡ります。興味のある案件がありましたら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みくださりありがとうございました!
引き続き、Work it!をよろしくお願いいたします。

→メルマガ登録はこちらから! 

→「Work it!」トップページ

→「トランスコスモス株式会社」に関する情報はこちらから!

→公式Facebookはじめました!「Work it!ブログ」もココからチェック

→コールセンターの求人はこちらから! 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.