いつもWork it!をご利用くださりありがとうございます。
Work it!ブログ編集部です。

コールセンターで働いていると、お客様と会話中、電波状況が悪く会話がスムーズにいかないこともあります。今回、お客様の声が聞き取りにくいときの対処方法についてご紹介します。

1、まずは呼びかける

「お客様」と呼びかけます。それでも聞き取りにくい、あるいはこちらの声が届いていない様子の場合は「お電話が遠いようでございます」と言います。お声が遠いではなくお電話が遠いと言うことで、お客様の声の問題にしない配慮があります。

2、コールセンターでの呼びかけNGワード

お客様にお呼びかけする際にもしもしはNGです。ビジネス電話では使用してはいけないワードです。また、はい?も失礼にあたるのでNGです。

3、適切な聞き返し方法とは?

「何度も申し訳ございません。もう一度仰っていただけますでしょうか?」「恐れ入りますが、お電話が遠いようでございます」「私の声は届いていますでしょうか?」などが適切な聞き返し方です。

それでも会話が困難な場合は「申し訳ございませんが、お声が届かないようですので、こちらからお電話を置かせていただきます。失礼いたします」と言って静かに切断することもあります。

通常、コールセンターではオペレーターから電話を切ることはありません。ただし、やむを得ない場合は基本的に上記のような流れとなります。なお、事業所によってルールが異なる場合があります。わからない場合はスーパーバイザー(SV)に確認して事業所ルールに沿った応対を行いましょう。

コールセンターはマニュアルが整備されているので未経験の方でも安心してお仕事ができます。下記のリンクからお仕事を探すことができます!気になるお仕事がありましたら、ぜひ応募してみてくださいね。

→コールセンターのお仕事はこちらから!
※各求人には掲載期間がございますので、タイミングによっては掲載終了や内容の変更が行われている場合もございます。

ここまでお読みくださりありがとうございました!
引き続き、Work it!をよろしくお願いいたします。

→メルマガ登録はこちらから! 

→「Work it!」トップページ

→「トランスコスモス株式会社」に関する情報はこちらから!

→公式Facebookはじめました!「Work it!ブログ」もココからチェック

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.