いつもWork it!をご利用くださりありがとうございます。
Work it!ブログ編集部です。

コールセンターではより良い応対を目指すために、品質管理の担当者が応対を録音した音声を確認し、オペレーターにフィードバックする機会があります。その際、いくつかの項目を気を付けるだけで品質の評価が格段に上がります!今回はポイント別にご紹介します!

1、ノイズをなくす

「えー」、「あっ」、「あのー」という話し始める前に声に出してしまう意味のない言葉がノイズです。お客様へのご案内には不要な雑音となってしまうため、癖でつい出てしまう場合も言わないように意識することが大切です。

2、お客様が話しているのに被せていないか

お客様がまだお話しているのに、焦って発言してしまうパターンです。お客様に悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。しっかりとお話を聴いてからご案内するように心掛けましょう。

3、保留の仕方は適切か

事業所によって保留ルールが存在し、それに沿った応対ができているかをチェックされます。一例として、1分経ったら途中で「大変お待たせしております。お調べてしておりますので、もう少々お待ちいただけますでしょうか?」ともう一度保留にすることをお客様にお伝えする事業所もあります。

4、クロージングでの名乗り

クロージングの際に「本日は〇〇が承りました。お電話ありがとうございました」と担当者名をきちんと名乗り、お電話いただいたことへのお礼が伝えられているかを確認されます。最後まで気を抜かないことが重要ですね。

電話応対はどこの会社でも必要です。オフィスワーク未経験の方でも、コールセンターなら安心して働けるようにマニュアルや研修体制が整っています。下記のリンクからもコールセンターのお仕事を探すことができます!気になるお仕事があれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

→コールセンターのお仕事はこちらから!
※各求人には掲載期間がございますので、タイミングによっては掲載終了や内容の変更が行われている場合もございます。

ここまでお読みくださりありがとうございました!
引き続き、Work it!をよろしくお願いいたします。

→メルマガ登録はこちらから! 

→「Work it!」トップページ

→「トランスコスモス株式会社」に関する情報はこちらから!

→公式Facebookはじめました!「Work it!ブログ」もココからチェック

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.