いつもWork it!をご利用くださりありがとうございます。
Work it!ブログ編集部です。

電話応対の基本となる敬語の使い方として、今回は接遇用語をまとめました。コールセンターではもちろん、事務職全般のオフィスワークでも必須です。

画像: 電話応対のビジネスマナー~敬語・接遇用語編~

「否定形:~ません」は「肯定形:~かねます」に

できません→できかねます、いたしかねます
わかりません→わかりかねます

「命令形:~してください」は「提案形:~していただけますでしょうか」に

ちょっと待っててください→少々お待ちいただけますでしょうか

お客様に保留のご提案をする際によく使う言い方です。言い切る命令形ではなく、お客様に判断を委ねる提案形にすることで丁寧さを表すことができます。
正しい敬語を身に付けて電話応対のプロフェッショナルを目指しましょう!

→コールセンターのお仕事はこちらから!

ここまでお読みくださりありがとうございました!
引き続き、Work it!をよろしくお願いいたします。

→メルマガ登録はこちらから! 

→「Work it!」トップページ

→「トランスコスモス株式会社」に関する情報はこちらから!

→公式Facebookはじめました!「Work it!ブログ」もココからチェック

参考:これで合格!秘書検定2級・3級 高橋書店

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.